スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オカン
スポンサー広告


AVOCADO BUTTER withKUKUI
Pa300078.jpg

引続き石けんの紹介です。
何度も作っている大好きなアボガドとシアバターの石けん。
今回はククイナッツを入れてみました。

前田京子さんの著書には、
「ククイナッツ油を10%~20%配合して作った石けんは、
このうえなく素晴らしく
これをしのぐ使い心地のものを他の油で作ることは
なかなかできないのではないか」
と書かれています。
ので入れてみようと思ったわけですが、
ケチが災い・・・
10%も入れられんかった・・・汗
なのでククイナッツの恩恵には与れず・・・

せっかく使うのならキッチリ使う方がよっぽどいいってモンだね。

でも。
ククイナッツを感じられなくても、
大好きなアボガドとシアバターのコックリした感じは
今回も存分に味わえました。

大好きなアボガドグリーンに、
OPでさらしあんの茶色、クロレラの緑。
ゆる~いマーブルで見た目も大好きな石けん。
あんこなので香りもバニラの香りで甘めに仕上げました。

オリーブオイルよりもコクがあるように言われているアボガドオイルですが、
オカンにはアボガドの方がサラリとしていて、
でもいい具合にシットリしてくれると感じます。

高くつく油だけど、これからも必ず1個は常備しておきたい。

***材料***

アボガド・パーム・ココナッツ・シアバター・ククイナッツ
さらしあん・クロレラ・バッツネイキッドFO・アンバーバニラFO
スポンサーサイト
オカン
手作り石けん
4 0

thema:手作り石けん&手作りコスメ - genre:趣味・実用


ココアカプチーノ
Pa290073.jpg

イベントに持って行った石けんの紹介をボチボチとさせて頂きます。

ココアカプチーノ。
コレ、結構イメージ通りに仕上がりました♪
茶色の濃さも白の具合も香りも、
そして泡の感じもイメージ通り。
怖いくらい・笑

基本的にオリーブメインの石けんは苦手だけど、
同じくらい入れた馬油がいい働きしてくれてるのかも♪

冬に向けてシットリめの石けんになれば、なレシピ。

***材料***

ココナッツ・馬油・オリーブ・ヘーゼル・パーム・カカオバター
ココアパウダー・コーヒー
ブラックティーFO・アンバーバニラFO

オカン
手作り石けん
2 0

thema:手作り石けん&手作りコスメ - genre:趣味・実用


<迷彩>
P7130006.jpg



このドロンドロンとしたおぞましい石けんタネ・・・
自分でもまさかこないに恐ろしくなるとは思ってもみませんで・・・^^;

酸化鉄黒のタネとクロレラのタネ。
思いのほか黒いタネが多かったのね・汗
いや、分量同じはずなんやけど、
黒の存在感が強いから・・・?

初めてポマスオリーブオイルを使ってみました。
ポマスはトレース出るのが早い、と。
本で読んだ。

ホンマに早かった!!!!!!!!!
こりゃスゴイわ。
ピュアのあのトレースまでの時間が取れなくて
縁遠かったオリーブ。
イヤ、オリーブオイル使った石けんの感触があんまり好きじゃなかったってのが大きいけど・・・
ポマスなら時間短縮できる~♪

でも。
ちょっと???も残るのよね。
ピュアでもポマスでも同じオリーブオイル。
厳密に言えばそれぞれ違うわけだけど、
でも同じ植物から採取した油。
なのに、トレースの感じが微妙に違う気がするんよね・・・

今回のは、なんちゅうの、動物性油脂な感じ?
ボッテンボッテン、というか、馬油100%の時みたいな。
滑らかじゃなく、ボドンボドンな感じ。

まぁいいや。
使い心地に期待♪
ちなみに解禁は8月入ってからなのでしばらく我慢。

で、今回OPとしてナイアシンアミドを入れてみてんけど。
失敗した。
ナイアシンアミドって水溶性。
でも苛性ソーダ水に入れるのは躊躇われたわけです。
アルカリにやられりまわないかい?って。
ってちゃんと調べろよ、オカン・・・
んで、思わずタネに入れてグルグルしちゃったのですよ。
だから画像に白いプツプツが映ってると思うのですが、
この白いプツプツはナイアシンアミド、です。

ちなみにナイアシンアミドは、ビタミンB群で、肌荒れに効果があると言われてます。

通ってる美容院のお姉さん(明らかに彼女の方が年下)が
オデコのニキビに悩んでる、と。
で、もしかしてお役にでも立てれば、と思いまして。
とは言え、初めて使ったOPを自分が使わぬうちに
人様に差し上げる、というのは怖いので
初めから我が家で人体実験をしてから、
また再び作る、になるんですけどね。

石けんに入れるよりは、せっかくの水溶性なので
化粧水やクリームにした方が効果的かもね。

で肝心の(?)カット断面をば。

P7150029.jpg

ね、迷彩。
ホンマはこんな線じゃなく、ボテンボテンと
イレギュラーな迷彩にしたかってんけど、
カットしてみたら線になってました。
でも渋くてかっこよくてお気に入り♪


***材料***

オリーブ・パーム・ココナッツ・
酸化鉄黒・クロレラ・ナイアシンアミド
カユプテEO・ビクトリアクリスマスFO
オカン
手作り石けん
4 0

<女子的みだしなみ石鹸>
女子的SOAP


ちょっと長ったらしいネーミングなのですが・笑

旦那に、
潤いは残しつつもサッパリ感
を感じられる石けんをつくってあげよう、と思い立ち、
メンクリ配合で作り、男前豆腐の楕円の容器に型入れしました。
500gバッチで作ったので、当然タネが余る。
で、旦那石けんを作った翌日に、今度は
女子的石けんを作ろう!!と思いつき仕込んでみました。

下段、グリーンのタネ。
コレが旦那のために作った石けんタネ。
グレープシードメイン。
恐るべし!!!
こんな湿気ムンムンの、1年通して1番保管に気を使う
この蒸し暑い夏に酸化早いグレープシードがメインです!←強気!!!
このグリーンのタネにはメンクリ結構入れてます。
そしてオトコの身だしなみとしても毛穴に汚れは残したくないので
っちゅうか、そんな旦那見たくないし、
世間から「オッサン」と思われるのも忍びないので
グリーンクレイを入れてます。
色付けはクロレラで。
EOもミントで、どこまでも爽やか!!!
酸化しちゃうかも、だけど爽やか!!!!!!!←さらに強気!!!

で、旦那石けんを型入れし、翌日に
上段、コチラはいたってノーマルなレシピで。
ただし女子的身だしなみとしても毛穴の汚れは落としたいので
女子的柔らかさ、っちゅうコトでさらしあんをOPとして入れました。
あまりサッパリするのも女子的にどうよ?な感じだったので
オリーブ100%石けんをコンフェとして入れてみました。

すっごい蒸すしさぁ、毎日あっついからさぁ、
保温箱に入れはしたけど、箱の蓋閉めへんかってん。
そしたらさぁ・・・
こんなに暑いのに、石けん上部にびっちりソーダ灰・・・涙
結構ついちゃってまっせ、みたいな・・・涙

でも別にいいねん。
そないに言うほど「涙」ってコトはないし。
なんか白いパウダーまぶしたみたいで可愛いよ♪

んでんで。
解禁迎えてるので使ってみました。
すごくスースーするけど、旦那石けんみたいに刺激的でもなく、
さらしあんが穏やかな感じで、なんとなく大和撫子、みたいな・笑
と思っていたらっ!!!
目がスースー、アソコがスースー!!!
大和撫子もぶっ飛ぶ爽快感ーーーーーっ!!
くっはーーーーーっ!刺激的!!!

まぁ夏なので全然許容範囲です。

それより驚いたのが溶け崩れの早さの違い。
そらグレープシードは柔らかくなる、とか知ってたし、
今までにも作ったコトはあったけど、
こんな風に2つの別々のタネとして使ったのは初めて。

驚くほど早く溶けていき、上と下の境目が
触っただけでもハッキリわかるほど。
そしていつの間にかグリーンは跡形もなく消えていきました・・・

おもしろーーーーーーーーいっ!


***材料***

旦那石けん
グレープシード・ココナッツ・パーム・馬油・ひまし油
メンソールクリスタル・グリーンクレイ・クロレラ
ペパーミントEO

女子石けん
米油・パーム・ココナッツ・さらしあん・アンバーバニラFO

オカン
手作り石けん
2 0

<大人男なアボヘーゼル>
P7150021.jpg

オトナオトコ、と読んで下さい。
そしてアボヘーゼル、アホな響ではあるけれど、
なかなか濃厚コッテリした石けんになってるはず。
なぜこのレシピで作ったんやったかなぁ・・・?
多分何か考えて作ったはずなんやけど、
その何か、が思い出せない・・・汗

初めてシークレイを使ってみました。
メインオイルは未精製アボガド。
あのグリーンとクレイのグレーで
どんなマーブルになっちゃうのかな、とドキドキ。

で、カット直後の画像はないのですが、

カット直後は、
あのキレイなアボガドグリーンがなぜかレモン色に見え、
クレイももうちょっと濃い感じに見えたので
ちょっと毒々しい危険な感じの見た目でした。
でも割とすぐにアボガドグリーンは退色してしまい、
今では角っこにうっすらレモン色が残る程度です。

なぜこの色合いにしたのかも
今では理解不能なのですが、
アボガドグリーンとグレーの組合せが
危険なコトは想定してたコトなので、
オドロオドロシイ色合いにも、
オカルトチックなマーブルにもガックリくることはなく、
ほぉほぉすげーコトになっちまったね、程度。

香りも、きっとこんなヤバ気な色合いになると考え
パチュリメインに。
オカンの中ではパチュリは
King of OSSAN
なので、
こういう爽やかではない怖い石けんにはピッタリなイメージなのです。
って、世のオッチャンたちには申し訳ないほどの先入観ですが・汗
でもちょっと爽やかさも、と思い(夏だしね)リッツアクベバ入れてます。
あとはFOをちょこッと。

イメージ通り、決して女子ではない香りになりました。
でもOSSANでもない香り。
どちらかとううと、ちょっと紳士的な
「大人な男性の香り」
になりました。
って使う男は旦那1人で、あとは女子供が使うというのに・・・汗
まぁでも良し・笑

すでに解禁日は迎えてるけれどまだ使ってません。
アボガドとヘーゼル、そしてシアバター。
この重たそうなオイルの組合せがどんな感じなのか
興味津々です♪


***材料***

アボガド・ココナッツ・パーム・ヘーゼルナッツ・シアバター
シークレイ・パチュリEO・リッツアクベバEO・ブラックティFO



オカン
手作り石けん
0 0

| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。