スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オカン
スポンサー広告


彫ってみた・押してみた
バーコード?


ハンコネタ、続きます。
ってか石けんブログに書くネタか?
と思いつつも、石けんに押せるハンコが欲しいから彫るので
やっぱり石けんブログに。
そしてカテゴリ「道具」?だけど、まぁ道具で・笑

使用したのは、100円ショップで売っている消しゴムハンコ用の消しゴム。
消せない消しゴム。
で、図案が思い浮かばないうえに、オカン、絵が下手なので
こんなバーコードみたいなん・・・^^;

こりゃぁ簡単だった~。
直線彫り彫り。
幅なんてどうでもいい~♪

で、気を良くしたオカンは

微妙だなぁ・・・


こんなんも彫ってみました。
久しぶりの消しハン、思うようにデザインカッターが進まず結構苦戦・汗

押してみた感想として。

石けん自体が、カット後2、3日経ってるコトもあり固かった。
彫りが浅かった。
よって、模様の凹みも浅い、と。

もうちょっと深く直角気味に彫ってみたらいいのかな?

ちなみに、ゴム版でも彫ってみました。
が、玉砕・・・涙
消しゴム彫る感覚と全然違う!!
消しゴム彫るよりも難しくて失敗しました・・・
ドイリー柄とか彫ってみたかったけど、今のオカンの技術では無理です。
スポンサーサイト
オカン
道具
12 0

thema:手作り石けん&手作りコスメ - genre:趣味・実用


ハンコ
コイツでポンッと♪


今日は、オカンが石けんに押しているハンコを紹介します。
って書くほど数もないし、普通に買ったハンコやねんけど・笑

コレです。
よく出番があるのが角っこ用、手前右のゴムが三角のハンコです。
コレを角っこに押すのがお気に入りです。
コレで押すとAVOCADO BUTTER(GREEN)になります。

ちなみにドレもコレも100円です。
しかも四葉と茶色いゴムのハンコは2個で100円。
小鳥と置くのまるで消印みたいなハンコ。
コレも2個で100円でした。
角っこ用と横長の、コレは1個で100円。

全部seriaで買ったのですが、
ゴムが程よく固くて、カット翌日の石けんに押しやすいです。
コレで押すとあまり失敗はありません。

が。
W×AVOCADOコレもカット翌日に上部に押してますが失敗。
やっぱりね、上部は、
たとえ型に入ってる時でも空気に触れてるわけだから他の部分よりも固い。
当たり前なコトやのに押してみるまで実感できんかった。
そやし押せてるところと押せてないところがあります。
写真には、それでも上手く押せた石けんを選んでますが、
最初に押した石けんなんて殆ど模様がわからないくらいでした。

これからは上部に押す時はカット時に一緒に押そう~。

こんなコトで日々100円モノに助けられてるオカンです。
でもね、消しハンやってたコトもあり(ちょびっとだけね)
やっぱり自分でも彫ってみたい!
以前、「take a NAP」を消しハンで彫り、
石けんに押してみたんだけど、
彫りが浅いのか、ゴムが柔らかいのか、
文字は全然出ずに四角い枠のまま凹んでん。
なので先日、版画用のゴム版を買ってみました。
葉書サイズで47円。
失敗してもいいじゃないかっ!!
もし上手くいけばオリジナルハンコが作れちゃう♪
ってオリジナルが浮かばないオカンの脳味噌だけれど・・・

いつ彫り出すかまだわからないけれど、
彫って押してのレポをしますので
宜しければまた見てやって下さい^^
オカン
道具
14 0

初★木型!!
先日
@まいほーむ:しゃぼんmamaちゃん
からお借りした大切な木型。
ようやっと使うことが出来ました。

コチラも結果から言うてしまうと
わからないコトだらけ、でした^^;

3次元が苦手なオカンは、
中敷のクッキングシートを作るところからチンプンカンプン。
1枚失敗した後、ようやっと中敷完成・笑
何だか角がピッとしないけど、とりあえず木型に敷く。
それを発泡スチロールに入れて、そのまま
ヒーターの前で温める。
そして45度くらいに温めたタネを流し込む。
でラップかけたんだけど、アホやなぁオカンは・・・
木にはラップは付きませんから!!!
木型を発泡に戻してラップをかける。
ものの熱風でラップがクチャクチャとなる。
でも意地でラップをかぶせる。
で保温用ペットボトルを入れる。
その間にまたもやラップがはがれる。
で。
いつも使ってるアクリルモールドは、
そやなぁ何時間くらいかなぁ2時間もしたら完全ジェル化、
ちゃうかなぁ。
案外5時間後とかだったりするのかな?笑
すみません、どれくらい後に完全ジェル化してるかわかりません。
が、とにかくアクリルモールドの方が
ジェル化現象が現れるのは早かったです。

で、ジェル化してへんような気がしたので
再びペットボトルのお湯を温め直す。
発泡に入れてフタをしてヒーターの前に。

で、翌朝覗いてみたら、まだジェル化現象進行中。
タネもまだまだホカホカのまま。
なのに中敷の紙と石けんの間にはちょっとの隙間。
石けんの上部に汗もかいてない。

で型出し。
ちょっと無理矢理っぽかったけど、
クッキングシートを引っ張りあげて型出し。
mamaちゃん、ゴメンナサイ・・・
お借りした木型にタネがモレモレでした・・・
隅っこにタネが・・・<(_)>

そのまま1日乾燥後、先ほどカット。
柔らかい。
そして心配してたジェル化による模様紛失ですが、
何となくやんわりゆるゆるとした曲線かなぁ、
といった感じで残りました。

木型初使用の感想としまして。

タネモレが心配。
これは最初にキッチリ計って切れば大丈夫かな?
ジェル化現象までに時間がかかる。
コレが1番困ったコトというか、慣れるまでに回数がかかるかも。
保温用ペットボトルとヒーターの温風、
両方をあわせてもゆるやかに進むジェル化現象。
たびたびペットボトルのお湯を入れ替えないと
ジェル化は進まないのか、
それとも木が抱え持つ熱により、じんわりじんわりとジェル化は進むのか。
コツを掴むには時間がかかりそうです。

でも嬉しいコトも♪
何だかねぇ、カットした石けん1個1個がスッゴク素朴。
温かみがある、って言うのかなぁ。
アクリルは角がピンッとしてて、クールな感じ。
でも木型は、クッキングシートがでかかったコトもあるけれど、
でもそのシートのシワがすごく素朴。
そして石けんが締まってる気がする。
実際のところはRED SUNFLOWERはやわらかめなのですが
見た目締まってる感じ。

保温の際の温度管理、が課題かなぁ。
速やかにジェル化させたければアクリル。
でも石けんにとって居心地が良いのは木型な気がする。
汗かかへんもん、ホンマ。

と言うコトで、mamaちゃん、
もし差し支えなければ、この木型引き取りたいのですが・・・ダメ?
オカン
道具
4 0

| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。