スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オカン
スポンサー広告


今頃知る水溶性と油溶性
全然違う~


暗い画像で失礼します。

中身はヒース。
液体は、大きい瓶には茶油、
小さい瓶にはウォッカ。

茶油にはかれこれ2ヶ月浸かってます。
ウォッカの方には2週間ちょっと。
そろそろ漉さなければ。

ヒースの割合そのものも違いはありますが、
何より漬け込み期間が全然違う。
なのに、ウォッカの方は茶色い液体になってるのに
茶油の方は色の変化なしです。

で、調べてみました。

水溶性・油溶性。
オカンはてっきり
ウォッカで抽出すると水溶性成分が抽出される。
油で抽出すると油溶性成分が抽出される。
とばかり思っていました。

というかそもそも何が水溶性で
何が油溶性なのかも知りませんでした。
ただ何となく、色んな人が油に浸けてるから、みたいな。

イヤ、成分が液体に移り込む、
という表現はおかしいかもしれへんけど、
ハーブの力を液体に、ってのは知ってました。

で。
調べたら

水溶性:アルカロイド・タンニン・フラボノイド・サポニン・ビタミンCなど
油溶性:精油・脂肪酸・カロチン・ビタミンE・カロチンなど

って。
そして、ウォッカで抽出すると水・油溶性どちらの成分も抽出できる、と。

う~ん・・・ホンマはもっとちゃんと詳しく書けばいいんだろうけど、
まとめるの苦手だし、ちょっとチンプンカンプンだし。

結局ウォッカで抽出するのが
そのハーブの全成分を抽出できるってことですかい?
アルコールなわけだから飛ばさないと、だね。
じゃぁ、500gバッチに必要な水分175g。
この全量を、アルコールを飛ばしたウォッカ抽出液に置き換えれば
水・油溶性、どちらも得られる、というコトかい?

となるとこの、ウォッカ抽出ヒースでは量が足りんやないかーいっ!

ってなコトで近いうちにハーブをウォッカで抽出、
そしてソレのアルコールを飛ばして石けんに、
というのをやってみます。

ところで皆さんはもうこんな初歩的なコト
当たり前に知ったはるコトですよね・・・?^^;



スポンサーサイト
オカン
材料
8 0

thema:手作り石けん&手作りコスメ - genre:趣味・実用


| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。